So-net無料ブログ作成
検索選択

純粋だったころ

私が運命の出会いをした場は、一人ぐらしをしていたアパートの近くのカフェでした。

その駅は、ショッピングモールとつながっているところでよく言っていた場所!


いつものようにウィンドーショッピングした私は、休憩にとそのカフェに行きました。

列に並び注文をすると急に久しぶりと店員に言われ、その声に聞き覚えを感じ
店員を見るとそこには、中学時代に付き合っていた彼が!!

高校が別々になったことがきっかけで自然消滅てきに別れてしまい、

その後の彼の情報はわからずだったのでびっくり!!

彼がこっちに着てるなんて知らなかったと話、私もだよと答える。

久しぶりすぎてめっちゃぎこちない2人。
その場でゆっくりも話せず、彼が後1時間でバイト終わりというのでお店で待つことにしました。

久しぶりに見る彼は、昔の面影も残しつつ大人な雰囲気になっていて

なんだかときめいちゃいました。

1時間彼を待っている間も気になってしまいちらちらレジを見てしまう私。

たまに目が合えば照れてしまい目をそらす・・・。ほんと、純粋なころでした。

そんなこんなでまっていると彼がバイト上がり着替えて私のところへ。

カジュアルな服装だった昔とは、かわりBボーイ風な服装の彼!!

そのころBボーイ系の洋服が好きだった私は、淡い恋心をいだいてしまいました。

彼がお腹すいたというので近くのお店にご飯を食べに行きそこで今までのお互いのことを
話ました。

そしてお互いが口を合わせるかのように『運命的だね』と何度も話ました。

お互い自然消滅で終わってしまったことを少し後悔していたのでいろんなことを話せた

この出会いは、ほんとに運命を感じさせられました。

その後、また付き合うようになり順調に交際しちましたが、

互いの将来への価値観の違いから半年ほどで破局。

円満破局ということもありいまだにお友達です。

この出会いがなかったら後悔したままで引きずっていたかもしれないなぁと


思いこの出会いには、感謝しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。